タメ息を袋に集める

猫が駆け抜ける

車と車の流れの間を、
脚を十本ぐらいにして猫が駆け抜ける。
道の向こうには
待っている家族が居るかもしれない。
小さなお気に入りの場所が或るのかもしれない。
カナラズも、エイエンも、分からないまま、
君は駆け抜けた。
アスファルトとタイヤに囲まれた場所で
君は生まれて、小さな世界を知って、
小さな時間を生きる。

刹那と刹那の流れの間を、
小さな永遠を抱えて猫が駆け抜ける。
僕は君達が刹那を避けきれずに
アスファルトに永遠を零してしまうのを何度も見た。
この世界が君達に強いている事を、
僕は取り除く事もできず、
明日も明後日も、
君達が無事に道の向こう側に辿り着く事を、
祈るばかりだ。

車と車の流れの間を、
地上20センチの視線で捉えて猫が駆け抜ける。
鉄とコンクリートの中では、
小さな命はもっと小さく見えて、
けれどその分、温度や光は凝縮されて、
そんなふうに生きるべきなのは、
みんな同じだけれど、
僕は祈るばかりだ。

今日も永遠が続きますように。
[PR]
# by maekawaz | 2012-02-19 11:13 | 詩集

駅までの道のりの途中で

駅前に住んでいた頃は
息を止めたままでも駅まで辿り着いたし、
新幹線だってSLだってすぐに飛び乗って、
宇宙の果てにでも行けたけれど、
引っ越してからは、
一日や二日歩いたぐらいでは
駅には辿り着かないし、
飛び乗るべき一輪車も二輪車も
錆付いてイライラするんだ。
あの頃見た宇宙の果てだって、
なんだかマボロシのような気がするんだ。
でもね、
うちにテレビがあるんだけれど、
うちのテレビはちょっと嘘つきなんだけど、
宇宙の果ては拡がっているって、
テレビが言っていたから、
本当かどうか分からないけど、
俺はナルホドナって思ったね。
道理で昔ほど簡単に辿り着かないんだナ、

遠い遠い駅までの道のりの途中で
追い越して行く車輪の錆の音も軽やかに、
それでも僕は歩いている。
[PR]
# by maekawaz | 2012-02-05 00:32 | 詩集

手紙をビンに詰めたから

この川はドウヤラ、
海まで行くらしいから、
手紙をビンに詰めたから、
もうすぐ届くと思います。

もしもアナタの受け取る場所が
川の上流だったらすみません。
ちょっと時間が掛かるかも。

けれど僕は確実に、
手紙をビンに詰めたから、
いつかは届くと思います。

ビンの中身の手紙はすべて、
アナタに届くと信じてる
祈りの言葉ばかりだから
[PR]
# by maekawaz | 2012-01-22 12:00 | 詩集


カテゴリ
近況報告
詩集
リクエスト
詩集もくじ001〜100
詩集もくじ101〜200
詩集もくじ201〜300
詩集もくじ301〜400
詩集もくじ401〜
プロフィール
メール
お気に入りブログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧