タメ息を袋に集める

翼をもがれた鳥

飛べない鳥が飛んだって話、
僕はいつも信じていて、
自分もまた、
飛べない鳥のハシクレとして、
その翼が僕の可能性で、
その翼が僕の夢だった。

けれどやっぱり僕は飛べなくて、
翼は地上で誰かを傷つけた。
僕は罰せられ、
翼をもがれる。
空では許されることが、
地上ではしばしば、
許されないのだ。

翼をもがれた鳥は、
哀しく藻掻き、
地上で溺れて、
運命を呪った後に気付くんだ。

僕は本当に、
空に向かうだけの努力をしたのだろうか?

そしてもう一つ、
僕は本当に、
以前と変わってしまったのだろうか?

飛べない鳥は、
飛べないことに慣れていて、
それでも夢見ることに慣れていて、
そして可能性を信じている。

飛べない鳥は、
絶望を知らない。

そのことを、
空は知っている。
[PR]
by maekawaz | 2004-09-12 19:03 | 詩集
<< コタエ 走る >>


カテゴリ
近況報告
詩集
リクエスト
詩集もくじ001〜100
詩集もくじ101〜200
詩集もくじ201〜300
詩集もくじ301〜400
詩集もくじ401〜
プロフィール
メール
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧