タメ息を袋に集める

俺は猫科だから

俺は猫科だから、
美味しそうに飯を食う自信ならある。
けれど空腹が似合うとよく言われるんだ。

俺は猫科だから、
ひとつの答えにこだわり続けたりしない。
けれど時々、周りが見えなくなるんだ。

俺は猫科だから、
プライドを失ってまでやることはない。
けれど平気で這い蹲るんだ。

俺は猫科だから、
足音には気をつけてるつもりだ。
けれどしばしば、アナタに迷惑をかける。

俺は猫科だから、
孤独は背負えるんだけど、
やっぱり少し、甘えたくなる。

俺は猫科だから、
コロリと転がる。
[PR]
by maekawaz | 2004-10-01 07:02 | 詩集
<< 永遠の氷を 罠とは知りながら >>


カテゴリ
近況報告
詩集
リクエスト
詩集もくじ001〜100
詩集もくじ101〜200
詩集もくじ201〜300
詩集もくじ301〜400
詩集もくじ401〜
プロフィール
メール
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧