タメ息を袋に集める

物体ホニャララ

物体ホニャララは、
時間と共に刻々と姿を変え、
僕の用意した器から、
はみ出したり、
見向きもしなかったり、
器を壊してしまったりする。

物体ホニャララは、
偶然の遭遇で進化し、
僕の用意した目印を、
時に通り過ぎ、
時に逆らい、
時に拡大解釈する。

物体ホニャララは、
自分と僕との距離を測って、
僕の用意した歌を、
いちばん共鳴する地点で受け取り、
ボヨンボヨン跳ねている。
まあ、それも気分次第だけれど、

僕は物体ホニャララに向かって、
ヤミクモに捧げる。
欲しいものだけ、
持っていってくれ、
物体ホニャララ。

実は僕も、
ホニャララなんだよ。
[PR]
by maekawaz | 2004-10-12 22:52 | 詩集
<< マボロシの記念日 僕は持っていないから >>


カテゴリ
近況報告
詩集
リクエスト
詩集もくじ001〜100
詩集もくじ101〜200
詩集もくじ201〜300
詩集もくじ301〜400
詩集もくじ401〜
プロフィール
メール
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧