タメ息を袋に集める

同じ季節

同じ季節の同じ朝、
アナタは世界に舞い降りる。
毎年少しずつ、
その姿を変えながら。

その方角は、
永遠と喜びの彼方を見つめ、
毎年少しずつ、
近づいていく。

同じ季節の同じ朝、
僕は舞い降りたアナタを、
毎年少しずつ、
食べていくのかもしれない。

僕の唯一の糧となるのは、
アナタという存在で、
毎年少しずつ、
僕の無限を埋め尽くしてくれる。

同じ季節の同じ朝、
すべての隔たりを越えて、
毎年少しずつ、
僕とアナタを分かち合う。

アナタが生まれた日、
理由も必要なく、
僕は嬉しい。
[PR]
by maekawaz | 2004-10-16 06:52 | 詩集
<< 増幅する速度 誰かを好きになるたび >>


カテゴリ
近況報告
詩集
リクエスト
詩集もくじ001〜100
詩集もくじ101〜200
詩集もくじ201〜300
詩集もくじ301〜400
詩集もくじ401〜
プロフィール
メール
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧