タメ息を袋に集める

秘密の呪文

秘密の呪文を知れば、
誰もが幸福になるのだけれど、
呪文は秘密でないといけないから、
こっそりと囁いたり、
メモを忍ばせたりするのだけれど、
広めすぎれば結局、
秘密ではなくなるから、
呪文の効力はなくなるのだけれど、
出会えば囁きたくなる僕は、
秘密を秘密のままに出来なくて、
呪文を無力にしてしまったのデス。
こんな事なら、
交差点で叫べば良かったんだろうかと、
考えながらも
無力な呪文を、
今日も囁いている。
[PR]
by maekawaz | 2004-10-20 16:10 | 詩集
<< 男が飼っていた猫のハナシ 暗証番号を忘れた方は >>


カテゴリ
近況報告
詩集
リクエスト
詩集もくじ001〜100
詩集もくじ101〜200
詩集もくじ201〜300
詩集もくじ301〜400
詩集もくじ401〜
プロフィール
メール
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧