タメ息を袋に集める

ヒツジが降ってくる

寒さが静寂を凍らせて、
見上げる漆黒の闇空から、
手のひらサイズのヒツジが、
ゆっくりと降ってくる。
軟らかに街の直角を包んで、
まろやかな曲線を作りながら、
ヒツジたちが積み重なっていく。
世界中が真っ白になって、
ロマンチックなヒツジの夜に、
遊牧民の僕たちは、
また祈りを繰り返すだろう。
ヒツジたちはやがて、
メイメイと呟きながら、
甘い香りを漂わせて、
トロけていく。
[PR]
by maekawaz | 2004-11-15 22:51 | 詩集
<< 誰かが言った ナナメのススメ >>


カテゴリ
近況報告
詩集
リクエスト
詩集もくじ001〜100
詩集もくじ101〜200
詩集もくじ201〜300
詩集もくじ301〜400
詩集もくじ401〜
プロフィール
メール
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧