タメ息を袋に集める

誰かが言った

夕暮れに交差点に差しかかると、
それは優しさじゃないと、
誰かが言った。

それで僕がタクシーを降りると、
それは強さじゃないと、
誰かが言った。

僕はひとりで歩き始める。
それは思いやりじゃないと、
誰かが言った。

アパートの階段を上がると、
それは救いじゃないと、
誰かが言った。

鍵を開けドアを開けると、
それは世界じゃないと、
誰かが言った。

ドアの中には、
夕暮れからの記憶だけが、
空間にばら撒かれていた。
そこは夕暮れの交差点。

僕はタクシーをとめる。

それはリアルじゃないと、
誰かが言った。

僕は永遠の中で、
誰かの声を聞いているけれど、

それは祈りじゃないとは、
誰も言わない。
[PR]
by maekawaz | 2004-11-17 23:23 | 詩集
<< 食べてもらうために ヒツジが降ってくる >>


カテゴリ
近況報告
詩集
リクエスト
詩集もくじ001〜100
詩集もくじ101〜200
詩集もくじ201〜300
詩集もくじ301〜400
詩集もくじ401〜
プロフィール
メール
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧