タメ息を袋に集める

食べてもらうために

食べてもらうために、
心をこめて作る。
食べやすい量と、
食べやすい濃さを考えて、
命を削れば、
それなりに栄養は
あるだろうけど。
食べてもらうために、
味を調えなくてはならない。
さりげなく香りを漂わせて、
そっと置いておく。
隠し味も忘れずに。
[PR]
by maekawaz | 2004-11-19 06:56 | 詩集
<< 旅人と獣 誰かが言った >>


カテゴリ
近況報告
詩集
リクエスト
詩集もくじ001〜100
詩集もくじ101〜200
詩集もくじ201〜300
詩集もくじ301〜400
詩集もくじ401〜
プロフィール
メール
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧