タメ息を袋に集める

若い頃

若い頃は良かった。
一日に炊飯ジャー三杯飯が食えたし。
飲まず食わずで5年は遊び続けた。
歌と言えば喉が破れるまで叫び、
喧嘩になればココロが折れるまで殴り合った。
千年の恋には何度も落ちて何度も醒めたし、
一生のお願いを毎日使った。
未来は永遠だったし、
徹夜で間に合わない仕事はなかった。
努力は報われると信じていたし、
正義を貫けば英雄になれると信じていた。
そして何よりも、
若い頃を懐かしんだりはしなかった。

若い頃は良かった。
今の幸福を知らない分だけ。
[PR]
by maekawaz | 2004-04-06 14:17 | 詩集
<< 多忙を極める男 伝説 >>


カテゴリ
近況報告
詩集
リクエスト
詩集もくじ001〜100
詩集もくじ101〜200
詩集もくじ201〜300
詩集もくじ301〜400
詩集もくじ401〜
プロフィール
メール
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧