タメ息を袋に集める

やっと眠れる

やっと眠れる
持って帰った外の空気を全部吐き出したら
畳にシガミついて
ちょっと泣く真似なんかしてから
目を閉じたら
猫が鳴くから起き上がってネコ缶を開ける。

やっと眠れる
ドライヤーを止めてから
湯上りの温度をイソイソと
ベッドに運んでから目を閉じたら
猫が鳴くから起き上がって
ひとしきりネコジャラシを振り回した。

やっと眠れる
朝からずっと頭の中にある
うたのフレーズをウヤムヤにして
マクラを抱いて夢の中へ走り込み、
急いで目を閉じたら、
猫が歌うから
朝から気にしていた歌を猫が歌うから、
僕は起き上がり
吐き出すようにうたを書き始めた。



そんな夢を見た次の朝、
僕はもうそのメロディを忘れて
新しいうたを探している。
[PR]
by maekawaz | 2012-01-21 13:08 | 詩集
<< 手紙をビンに詰めたから ほっこり >>


カテゴリ
近況報告
詩集
リクエスト
詩集もくじ001〜100
詩集もくじ101〜200
詩集もくじ201〜300
詩集もくじ301〜400
詩集もくじ401〜
プロフィール
メール
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧