タメ息を袋に集める

駅までの道のりの途中で

駅前に住んでいた頃は
息を止めたままでも駅まで辿り着いたし、
新幹線だってSLだってすぐに飛び乗って、
宇宙の果てにでも行けたけれど、
引っ越してからは、
一日や二日歩いたぐらいでは
駅には辿り着かないし、
飛び乗るべき一輪車も二輪車も
錆付いてイライラするんだ。
あの頃見た宇宙の果てだって、
なんだかマボロシのような気がするんだ。
でもね、
うちにテレビがあるんだけれど、
うちのテレビはちょっと嘘つきなんだけど、
宇宙の果ては拡がっているって、
テレビが言っていたから、
本当かどうか分からないけど、
俺はナルホドナって思ったね。
道理で昔ほど簡単に辿り着かないんだナ、

遠い遠い駅までの道のりの途中で
追い越して行く車輪の錆の音も軽やかに、
それでも僕は歩いている。
[PR]
by maekawaz | 2012-02-05 00:32 | 詩集
<< 猫が駆け抜ける 手紙をビンに詰めたから >>


カテゴリ
近況報告
詩集
リクエスト
詩集もくじ001〜100
詩集もくじ101〜200
詩集もくじ201〜300
詩集もくじ301〜400
詩集もくじ401〜
プロフィール
メール
お気に入りブログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧