タメ息を袋に集める

自動販売機

左隅に売り切れランプがついた。
カラダは軽くなるけれど、
僕はすこし、
選択肢を失った。
右から2番目も、
あと残りは一本だけだ。
でも喜んで、
ボタンを押してもらおう。
その都度役立たずになっても、
僕は歩き続けよう。
なんの変哲もない自動販売機、
飲み干した君は、
どこで買ったのかも
忘れているだろうけど、
たった数分間のアナタの幸せを、
僕は素直に喜んでいるから。
いつか空っぽになって、
海の底にでも沈む日に、
僕は僕が吐き出した
幸せの抜け殻の空き缶と、
もう一度出会えるかな。
アナタの幸福と
唇の感触を、
自動販売機は知らないけれど、
僕は僕が生きていた証に、
なんの哀しみもない。
[PR]
by maekawaz | 2004-12-29 14:26 | 詩集
<< 猫を交代しよう フリダシに戻る >>


カテゴリ
近況報告
詩集
リクエスト
詩集もくじ001〜100
詩集もくじ101〜200
詩集もくじ201〜300
詩集もくじ301〜400
詩集もくじ401〜
プロフィール
メール
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧