タメ息を袋に集める

涸れ井戸に落ちた日

涸れ井戸に落ちた日、
夕焼けは丸い小さな空を染めた。
乙女はときめき、
映画のフィルムが回り出す。
世界はぐんと小さくなって、
アナタしか見えない、と、
歪んだ幸福が笑う。
幻想の未来は、
丸みを帯びた字幕の文字で語られ、
借り物のの詩人が
不慣れなうたを得意げに、
歌い出したら、
カナリヤを逃がすように、
アナタだけでも
涸れ井戸から世界へ、
押し出してあげよう。
詩人の幸福は、
涸れ井戸の中で、
不思議な醸造を遂げて、
世界が狭くて、
孤独が身近な故に、
見えてくる偶然が少し、
愛おしくなる。
[PR]
by maekawaz | 2005-02-07 06:40 | 詩集
<< 僕の永遠 北の果ては >>


カテゴリ
近況報告
詩集
リクエスト
詩集もくじ001〜100
詩集もくじ101〜200
詩集もくじ201〜300
詩集もくじ301〜400
詩集もくじ401〜
プロフィール
メール
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧