タメ息を袋に集める

四季

例えば毎日、
同じ男を熱心に見ると、
取り立てて語ることもないその男の、
えも言われぬ悲哀が見えてくる。

例えば毎日、
同じ仕事をコツコツとすると、
取り立てて語ることもないその仕事の、
えも言われぬ大きさが見えてくる。

例えば毎日、
同じ祈りを黙々と思えば、
取り立てて語ることもないその祈りの、
えも言われぬ未来が見えてくる。

例えば毎日、
同じ景色を何気なく見ると、
取り立てて語ることもないその景色の、
えも言われぬ、
四季が見えてくる。

繰り返すことに、
何気ない繰り返しに、
心から花を贈る。
四季折々の花を。
[PR]
by maekawaz | 2004-05-03 11:03 | 詩集
<< 染まります 言えない言葉 >>


カテゴリ
近況報告
詩集
リクエスト
詩集もくじ001〜100
詩集もくじ101〜200
詩集もくじ201〜300
詩集もくじ301〜400
詩集もくじ401〜
プロフィール
メール
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧