タメ息を袋に集める

花束

男はその銃口に向かって、
持っていた花束を両手で構えた。

アナタは世界を識り、
現実を識り、
それでいて何も知らないのかもしれない。

こんなもので戦える男もいるんです。

捧げられた花には、
誰にも想像できない程の
思いが込められている。

銃声をかき消すほどの、
歌声を響かせて、
男は世界を見ている。

選んだ訳じゃなくて、
それだけが男の持ち物だった。

僕は今も、
あの男が好きでたまらない。
[PR]
by maekawaz | 2005-10-03 23:57 | 詩集
<< 猫引き取り日 べつばら >>


カテゴリ
近況報告
詩集
リクエスト
詩集もくじ001〜100
詩集もくじ101〜200
詩集もくじ201〜300
詩集もくじ301〜400
詩集もくじ401〜
プロフィール
メール
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧