タメ息を袋に集める

ヒッチハイク

高速インターの入り口、
青年は未来と書いた紙を広げる。

宇宙ロケットの発射台付近、
タコは火星と書いた紙を広げる。

学校の中、
生徒は安定と書いた紙を広げる。

救いの来ない谷底で、
遭難者は明日と書いた紙を広げる。

一人で歩くには遠すぎる道を、
それでも歩く者には、
誰かが何気ない手を差し伸べる。
何気なくとも、
それは翼になる。
[PR]
by maekawaz | 2004-05-05 15:23 | 詩集
<< 捜し物 月 >>


カテゴリ
近況報告
詩集
リクエスト
詩集もくじ001〜100
詩集もくじ101〜200
詩集もくじ201〜300
詩集もくじ301〜400
詩集もくじ401〜
プロフィール
メール
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧