タメ息を袋に集める

草の上

草の上、
忘れられた白球。
その隣に寝転がり、
子供達が探しに来るのを
待つでもなく待ちながら、
俺は白球のように、
あいつらを楽しませてきたのか、
考えてみる。
優しく転がっても、
小さなケガをさせても、
届かないくらい高く飛んでも、
あいつらは不満げで、
そして満足そうだったっけ。
迷いの中で投げつけられたボール。
手から逸れ見えなくなって、
少しは草をかき分けたけれど、
すぐに諦める。
俺はそんな存在。
突然消えても、
それはそれであいつらは生きる。
ただ、
俺は白球のように、
汚れたまま哀しく佇みはしない。
自分で転がる。
それが俺だから。
[PR]
by maekawaz | 2004-05-08 18:21 | 詩集
<< フクロウ 温室にて >>


カテゴリ
近況報告
詩集
リクエスト
詩集もくじ001〜100
詩集もくじ101〜200
詩集もくじ201〜300
詩集もくじ301〜400
詩集もくじ401〜
プロフィール
メール
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧