タメ息を袋に集める

時の雫

静寂の森に、
永久に別れしアナタを想う。
時よ止まれと願っても、
頬を伝った時の雫が、
落ちて壊れる音が響けば、
森は時間の彼方に消えて、
ただ粛々と時は流れる。
[PR]
by maekawaz | 2004-05-09 01:48 | 詩集
<< 目覚めの時間です 酒場にて >>


カテゴリ
近況報告
詩集
リクエスト
詩集もくじ001〜100
詩集もくじ101〜200
詩集もくじ201〜300
詩集もくじ301〜400
詩集もくじ401〜
プロフィール
メール
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧