タメ息を袋に集める

脱皮男を追いかけて

奴が密かに脱皮を繰り返している事を、
俺だけは知っている。
去年のこの時期に、
裏山で奴そっくりの抜け殻を見つけた事がある。
思わず声を掛けてから、
それが抜け殻だと気付き、
腰を抜かして帰るのに苦労した。

そして例の脱皮男を観察する。
ひとまわり大きくなってはいないか?
どこか成長したところはないか?
けれど男は何の変わり映えもしない。
以前と変わらず、
明るく陽気に暮らしている。

そして今年の脱皮の時期、
俺は男の跡をつけ、
脱皮の現場を押さえることに成功した。
男はひどく狼狽し、
お願いだから内密に、
と抜け殻を慌てて折りたたみながら言う。

誰にも言わない代わりに、
俺は聞いてみる。
どうして脱皮を繰り返すのか?

アンタにだってあるだろう、
脱ぎ捨てないと前に進めないことが、

男よりも先に、
脱ぎ捨てられ、折りたたまれた殻の方が答える。
乾ききった涙を流して。
[PR]
by maekawaz | 2004-05-11 12:42 | 詩集
<< 袋小路 幸福のタネ >>


カテゴリ
近況報告
詩集
リクエスト
詩集もくじ001〜100
詩集もくじ101〜200
詩集もくじ201〜300
詩集もくじ301〜400
詩集もくじ401〜
プロフィール
メール
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧