タメ息を袋に集める

王様の条件

旅人は言った。
太陽の王は、夜には手が届かないし、
夜の王とて月を自由には出来ないのです。
月の女王もまた、見えない闇があり、
風の王にも征けない場所があります。
私は長い旅の途中で、多くの王を見てきましたが、
己の限界を嘆くのはいつも、
人間の王と決まっておりました。
人間の王だけが他の王と自分を見比べるのです。
己の世界を持ち、その世界を愛する者を王と呼ぶならば、
誰しもが王であり、
その国境を嘆く必要など不要なのではないでしょうか?
良き王とは国境に兵を置かず、
私のような旅人を迎え入れ、
このように世界を語り、
己の世界を豊かにする者の事です。
私がこれまで出会った、自然界の偉大なる王のすべてがそうでした。
そして私は今日、こうしてまた、
一人の偉大なる王とお話しをしているのです。

人間の王は応えた。
それならばお前はさしずめ、旅人の王かもしれぬな。
私の国で、ゆっくり休まれるがよい。
私もまた、今夜はゆっくりと眠れるであろう。
[PR]
by maekawaz | 2004-05-16 14:09 | 詩集
<< 瓶詰めの物語 偶蹄目の友人 >>


カテゴリ
近況報告
詩集
リクエスト
詩集もくじ001〜100
詩集もくじ101〜200
詩集もくじ201〜300
詩集もくじ301〜400
詩集もくじ401〜
プロフィール
メール
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧