タメ息を袋に集める

危険な恋

目指す場所は様々であるが、
その道のりは等しく険しいものじゃ。
いや、険しいと言うには絶望的すぎるかもしれぬな。
いたる所に悪魔が口を開いたような奈落が広がり、
奈落のはるか底には、
身を焦がす灼熱の温度が待ち構えておる。
その灼熱が吹き上げる蒸気は、
旅人を惑わす甘い香りを放ち、
奈落の底へと誘い込んでおるのじゃ。
旅人の誰もが蒸気を吸い込み、
その抗いがたい誘惑に導かれ、
恍惚とした表情でその身を溶かしていくのを、
儂は何度見てきたことか。

未来を知らぬ者は皆旅人であり、
旅人は常に、
次の瞬間、恋に落ちるかもしれぬわけじゃ。
[PR]
by maekawaz | 2004-05-20 20:48 | 詩集
<< ハイハイレース その扉の奥には >>


カテゴリ
近況報告
詩集
リクエスト
詩集もくじ001〜100
詩集もくじ101〜200
詩集もくじ201〜300
詩集もくじ301〜400
詩集もくじ401〜
プロフィール
メール
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧