タメ息を袋に集める

百年後に愛を語るために

愛を語るには百年早いけれど、
百年後に愛を語るために、
愛について考える。

愛が欲しいと言ったら、
僕は僕の身体を食料として与えられるだろうか?

愛が寒いと言ったら、
僕は最後の一滴まで血を流すだろうか?

愛が見ないでと言ったら、
僕は永遠の真実を見過ごせるのだろうか?

愛が殺せと言ったら、
僕は最愛の人を殺せるのだろうか?

愛が捨てろと言ったら、
僕は詩を捨てることができるのだろうか?

僕は、
そうやって愛されて育ったのかもしれないのに・・・
[PR]
by maekawaz | 2004-02-24 04:41 | 詩集
<< 絶滅寸前のコビトたち 猛獣注意はやめてください >>


カテゴリ
近況報告
詩集
リクエスト
詩集もくじ001〜100
詩集もくじ101〜200
詩集もくじ201〜300
詩集もくじ301〜400
詩集もくじ401〜
プロフィール
メール
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧