タメ息を袋に集める

ブリキのねずみ

ブリキのねずみを、
ブリキの猫が追い掛ける。
ブリキの食物連鎖が、
ブリキの摂理で行われ、
ブリキのねずみは追いつめられて、
猫を噛む。

ブリキの意地が、
ブリキの奇跡を引き起こし、
ブリキの悲鳴をあげながら、
ブリキの猫が逃げていく。
ブリキのねずみは考える。

ブリキのねずみはブリキだけれど、
ねずみであることにかわりなく、
記号は生きる。
生き物と同じく、
言葉は生きる。
生き物と同じく。
[PR]
by maekawaz | 2004-05-28 23:26 | 詩集
<< 突然の雨 影を盗もうとした男 >>


カテゴリ
近況報告
詩集
リクエスト
詩集もくじ001〜100
詩集もくじ101〜200
詩集もくじ201〜300
詩集もくじ301〜400
詩集もくじ401〜
プロフィール
メール
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧