タメ息を袋に集める

命の水

自在に姿を変え、
儚くも不滅で、
怒りと慈しみを持ち、
自浄できるが汚れやすい。
染み込んだり溶け込んだり、
うたも歌い、絵も描く。
流れるが岩をも穿つ。
他の生命を知り、
支配し従属する。

命の水をひと掬い、
世界へ注げば、
水は消えるのではなく、
広がるのだ。
祈りと同じように。
[PR]
by maekawaz | 2004-05-31 14:36 | 詩集
<< 蒸発らぷそでぃ 手のひらは舟だ >>


カテゴリ
近況報告
詩集
リクエスト
詩集もくじ001〜100
詩集もくじ101〜200
詩集もくじ201〜300
詩集もくじ301〜400
詩集もくじ401〜
プロフィール
メール
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧