タメ息を袋に集める

蒸発らぷそでぃ

どこにいるの?
自由なオジサン。
丸い背筋に、
ボロボロの翼。
ソフトクリームが、
溶けて零れた、
あの蜃気楼のアスファルトを、
ヒタヒタ、ヒタヒタ、
最後の言葉は、
アツイナァ、
僕に何も話しかけず、
僕に何も主張せず、
この先の、
行く道に目を細めてた。

どこにいるの?
自由なオジサン。
丸めた文庫に、
吸いかけのタバコ。
急な夕立が、
隠して消えた、
あの知らぬ町の青い空を、
ヒタヒタ、ヒタヒタ、
最後の笑顔は、
アツイナァ、
僕に何も問いかけず、
僕に何も求めずに、
この先の、
行く時に手を差し伸べた。

自分勝手な冒険の道を、
歩いて振り返らない。
そんなアナタはきっと僕の、
欠片だったんだろう。
[PR]
by maekawaz | 2004-05-31 20:25 | 詩集
<< 伝えたい 命の水 >>


カテゴリ
近況報告
詩集
リクエスト
詩集もくじ001〜100
詩集もくじ101〜200
詩集もくじ201〜300
詩集もくじ301〜400
詩集もくじ401〜
プロフィール
メール
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧