タメ息を袋に集める

静寂のフリをした足音

猫に悪い形容詞をつけたなら、
それが僕かもしれない。
だから猫に申し訳なくて、
僕は僕をヤメることを考えた。

あの頃のようには、
うたえないかもしれない。

猫は猫になる前、
自分が猫ではなかったり、
やっぱり以前も猫だったりする頃を、
識りつつ再生など望まないものだ。

猫に悪い形容詞をつけたなら、
それが僕になって、
僕は僕を引きずりながら、
平気な顔をして歩く。

僕が学んだ事は、
それぐらいのものだ。

あの頃と違っても、
僕は祈る。
何も違わないふりして。
[PR]
by maekawaz | 2006-07-15 00:59 | 詩集
<< 当社比2倍 オトトイ来ヤガレ >>


カテゴリ
近況報告
詩集
リクエスト
詩集もくじ001〜100
詩集もくじ101〜200
詩集もくじ201〜300
詩集もくじ301〜400
詩集もくじ401〜
プロフィール
メール
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧