タメ息を袋に集める

たとえばある朝突然に

たとえばある朝突然に、
聞こえぬ声が聞こえたら、
俺は迷わず歩くだろう。
謎を謎とも思わずに、
答えが見つかる方角に、
季節を探しに行くだろう。

たとえばある朝突然に、
逃げた小鳥が戻ったら、
俺は寝たふりするだろう。
愛を愛とも思わずに、
知らぬ答えを抱きしめて、
誰かとの距離を測るだろう。

たとえばある朝突然に、
最後の手段に閃けば、
俺はすべてをゼロに戻すだろう。
ひとつひとつを確かめて、
同じすべてを繰り返し、
同じ朝まで戻るだろう。

たとえばある朝突然に、
俺を取り残して、
すべてが完成する。
それが恐ろしくて、
そして楽しみで、
朝の理不尽が、
俺を素直にさせている。
[PR]
by maekawaz | 2004-06-09 08:51 | 詩集
<< 帰郷 未来を食べる >>


カテゴリ
近況報告
詩集
リクエスト
詩集もくじ001〜100
詩集もくじ101〜200
詩集もくじ201〜300
詩集もくじ301〜400
詩集もくじ401〜
プロフィール
メール
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧