タメ息を袋に集める

マクラ

朝、出かけた君の事を、
僕は一日中考えている。
僕には君の一日が
想像もつかないように、
僕のこんな気持ちに、
君が気付くこともないけれど、
君の疲れと、
君の涙と、
君の夢が、
僕を色んな気持ちにして、
そして朝、
僕は君を見送る。
僕は、
一日中君のことだけを考えている
ただのマクラだ。
ただのマクラだけど、
こんなにも君を思っているから、
時々気まぐれに、
抱きしめてくれても
いいと思ってる。
[PR]
by maekawaz | 2006-08-20 22:41 | 詩集
<< カツオブシ ファスナー >>


カテゴリ
近況報告
詩集
リクエスト
詩集もくじ001〜100
詩集もくじ101〜200
詩集もくじ201〜300
詩集もくじ301〜400
詩集もくじ401〜
プロフィール
メール
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧