タメ息を袋に集める

雨に溶ける男

降りやみそうな空、
見上げるにはまだ、
眼にシミる雨。
流れる側溝の中に、
雨に溶けた男達の液体が混ざる。
分かっていながらも、
男達は挑み、
その身を溶かす雨に身を晒した。
溶けて流れ、
混ざり染み込み、
確かにその精神は永遠でも、
もはや人間のカタチをつくる事はない。
そうやって、
勇敢な男達が姿を消していくと、
街は静かになる代わりに、
雨の音が支配を始める。
飲み干すことのない雨の中に、
カタチなき男。
その声は雨音に混ざる。
[PR]
by maekawaz | 2004-06-12 02:08 | 詩集
<< そっくり人間 お辞儀 >>


カテゴリ
近況報告
詩集
リクエスト
詩集もくじ001〜100
詩集もくじ101〜200
詩集もくじ201〜300
詩集もくじ301〜400
詩集もくじ401〜
プロフィール
メール
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧