タメ息を袋に集める

毎日カレーライスを食べる

キッカケに理由なんてなく、
頭にふと浮かんだから、
カレーライスを食べる。

どれぐらいの辛さが、
自分の限界なのかを知りたくて、
次の日もカレーライスを食べる。

誰も試したことのない、
新しいトッピングを試すため、
次の日もカレーライスを食べる。

隣の家から、
カレーのいい匂いがするから、
次の日もカレーライスを食べる。

カレーの事が頭を離れないから、
夢遊病のようにタマネギを切り、
次の日もカレーライスを食べる。

自分がカレー好き人間だと証明するために、
公衆の面前でテーブルを広げ、
次の日もカレーライスを食べる。

カレーの奥深さを知り、
呆れる傍観者をよそに、
次の日もカレーライスを食べる。

だんだん、自分の生きる目的を
見つけたような気になって、
次の日もカレーライスを食べる。

食べっぷりが良いと褒められて、
いい気になって
次の日もカレーライスを食べる。

カレーがなくては生きていけないから、
次の日もカレーライスを食べる。

俺はカレーだから、
次の日もカレーライスを食べる。

僕はそんなふうに詩を食べて、

そんなふうに、
カレーライスが世界を救う方法はないかと、
考えている。
[PR]
by maekawaz | 2004-03-07 17:27 | 詩集
<< なぞなぞ 不老不死倶楽部会長の葬儀にて >>


カテゴリ
近況報告
詩集
リクエスト
詩集もくじ001〜100
詩集もくじ101〜200
詩集もくじ201〜300
詩集もくじ301〜400
詩集もくじ401〜
プロフィール
メール
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧