タメ息を袋に集める

向日葵

廃校のプールサイドで、
錆び付いたシャワーが、
夏の風に吹かれた。

重すぎる思考が、
苦しそうに地面をみつめて、
じっと、
耐えている。

地上の太陽は、
小さく短い命で、
確かに何かを照らした。

その記憶を、
僕はみつめている。

輝く季節は、
力尽きることを
惜しむこともなく。

僕のうたは、
枯れた向日葵の
その美しさに向けて、
今年も呟いている。
[PR]
by maekawaz | 2004-08-04 21:37 | 詩集
<< 蚊 電気を消して >>


カテゴリ
近況報告
詩集
リクエスト
詩集もくじ001〜100
詩集もくじ101〜200
詩集もくじ201〜300
詩集もくじ301〜400
詩集もくじ401〜
プロフィール
メール
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧