タメ息を袋に集める

無力な欠片のうた

時間は無限にある。
僕のものではないけれど。
力は無限にある。
僕のものではないけれど。
奇跡はいつもある。
僕から少し遠くても。
無力ゆえに祈る。
とどかぬ憧れのうたではなくて、
信じるものの、
僕は欠片だから。
天上の星がひとつ足りないなら、
僕が一番小さな最後の星になろう。
すべてが僕の精一杯の分だけ、
欠片をあけて、
待っているから。
[PR]
by maekawaz | 2004-08-13 17:30 | 詩集
<< テレパシー 夢の暗殺 >>


カテゴリ
近況報告
詩集
リクエスト
詩集もくじ001〜100
詩集もくじ101〜200
詩集もくじ201〜300
詩集もくじ301〜400
詩集もくじ401〜
プロフィール
メール
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧