タメ息を袋に集める

パキラが!

a0002692_202324.jpg仕事場にパキラ(観葉植物)がある。
高さ2メートル近い大きさである。
以前、とある演劇の舞台で使う為に貸し出した事があるが、
その日を境にパキラの運命が大きく変わった。
たった2,3日の外出から戻ってきたパキラは、
見るも無惨な萎れ様だった。
照明のライトが暑かったのか、
夜中の劇場が寒かったのか、
とにかくそれ以来、病弱な木になってしまった。
それから一年、なんとか誤魔化しながらやってきたパキラだったが、
まもなく、葉が全部落ちようとしている。
触ったら落ちる!
もはやそんな感じだ。
この前は、離れたテーブルに物を置いた衝撃で葉が落ちた。
葉が落ちる度に、部屋の片隅で存在感を失っているヤツを眺める。
なんとも自虐的な自己アピールだ。
最後の一枚が落ちる日、何が起こるのだろう。
その報告をする日より早く、復活の春が来ることを祈っている。
[PR]
by maekawaz | 2004-02-08 20:24 | 近況報告
<< 二階の住人 左手の独立 >>


カテゴリ
近況報告
詩集
リクエスト
詩集もくじ001〜100
詩集もくじ101〜200
詩集もくじ201〜300
詩集もくじ301〜400
詩集もくじ401〜
プロフィール
メール
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧