タメ息を袋に集める

カテゴリ:近況報告( 22 )

うちの息子です

a0002692_2253152.jpg

[PR]
by maekawaz | 2007-01-12 22:56 | 近況報告

なんなく

なんなく生きております。
むしろ好調なぐらいです。
ただ、それを報せるタメの、
伝書鳩がどうやら、
どこかで遊んでるらしく、
帰ってこないので、
うたはツノる一方です。
予感では月末にも、
鳩君は帰ってくると思います。
僕はうたをうたって、
鳥を待つ。
[PR]
by maekawaz | 2005-05-12 06:43 | 近況報告

やっと300越えた〜

マイペースな性格なので、
それでも続いてるのは、
読みに来てくれる皆様のオカゲです。
詩は僕の日常です。
まあ、一月ぐらい更新されなかったら、
死んだんだな〜とでも思ってください。
生きてる証として、
僕はここにいます。
[PR]
by maekawaz | 2004-11-29 17:09 | 近況報告

いやはや・・・

そろそろ書くぞ〜
今夜あたり・・・
[PR]
by maekawaz | 2004-11-10 06:55 | 近況報告

今夜こそ・・・

今夜こそ、詩を書くぞ、
そう思いながら、
めぐる月。
見えぬ夜にも月はある。
[PR]
by maekawaz | 2004-08-31 06:48 | 近況報告

記憶の街角

確かに記憶の底に、
僕が生まれたこの街がある。
3歳まで暮らしたはずの、
家はもう残ってないだろうと思いながら、
その駅に降りたのはきっと、
30年近い空白のあと、
埋めきれない穴だらけのパズルを抱えて、
僕の冒険心は、
僕自身の脳裏の奥へと向かう。
その足取りが、
僕を少し孤独にする。
僕の家族は、
あれから一度も、
この道を歩かなかったし、
これからも歩かないだろう。
共通の記憶には、
何の意味もないんだ。
ひとりで歩くことに慣れているはずなのに、
僕は遠い記憶の街角に佇んでいる。
[PR]
by maekawaz | 2004-07-28 06:53 | 近況報告

強引なヒッチハイク

帰り道にオバサンが車の前に飛び出してきて、
バスに乗り遅れたから駅まで送って欲しい。
と言いながら助手席に乗り込んできた。
断らずに駅まで送った自分が、
なんだか情けなかった。
この国では要領よく生きられない者はバカにされる。
そして僕は僕をバカにしながら、
言い訳もしながら、
駅前で、
「困った時はお互い様です。」
と言った。
カーラジオが暑い暑いと連呼する午後だった。
[PR]
by maekawaz | 2004-07-14 19:07 | 近況報告

チカラ

夢よりもお金の方が、
人は羨ましいと思うのかなぁ。
[PR]
by maekawaz | 2004-07-08 06:58 | 近況報告

リハビリ

詩人のリハビリ、
少しずつやることぁない。
全力で走るだけ。
転けることは、
進むことだし。
[PR]
by maekawaz | 2004-06-21 00:00 | 近況報告

帰れない男

その男は帰ることができない。
異国で人を愛してしまったから。
異国で異国を愛してしまったから。
それでも異国を捨てて帰るとき、
祖国は本当に男を愛してくれるんだろうか?
[PR]
by maekawaz | 2004-04-19 20:48 | 近況報告


カテゴリ
近況報告
詩集
リクエスト
詩集もくじ001〜100
詩集もくじ101〜200
詩集もくじ201〜300
詩集もくじ301〜400
詩集もくじ401〜
プロフィール
メール
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧