タメ息を袋に集める

カテゴリ:近況報告( 22 )

道に迷う

確かに十数年前には暮らしていたはずの町で、
今日は道に迷い続けた。
知らない町だ。ぜんぜん懐かしくない。
面白い看板がいっぱいあった。
そのうち写真で紹介するかも。
でもまあ、
よそ者には面白くても、
地元の人には自然なんだろうなあ。
[PR]
by maekawaz | 2004-04-13 22:00 | 近況報告

旅立ち

長年暮らした町を離れることになりました。
今日、旅立ちます。
必ず戻ってくるつもりですが、
はっきりした予定があるわけではありません。

人生の転機、なのかなあ。
実感が湧かないけど。
旅立つことが決まってから、
何度も幸せをかみしめました。
友がいて、夢があって、愛する人がいるこの町が、
僕は大好きです。
だから、
何度も泣いてしまった。

泣く必要なんてないんです。
僕はこれからも幸せで、
この町にも必ず帰って来るんですから。

これからの日々を、
僕はここに書いていきます。
そして、
再会を約束した全ての人の幸せを願って、
詩を歌い続けようと思います。
距離を埋めるこの場所と、
詩があることに感謝しつつ、

行ってきます。
[PR]
by maekawaz | 2004-04-12 08:58 | 近況報告

辞書占い

以前、よく、「辞書占い」なるものを考案しては、酒に酔った勢いで
インチキ占いをやった。
国語辞典、広辞苑などが最適。
適当に精神統一してページを選ぶ。
そこに書いてある言葉と、運命を強引にこコジツケル。
占う方も、占われる方も積極的にコジツケルから、
結果良く当たった。
すべての言葉はすべてにつながっている。
[PR]
by maekawaz | 2004-04-08 18:08 | 近況報告

運転免許の更新

免許の更新で講習を受けた。
教官は、「寝てもいいです。」
と言って話し始めた。
そのハナシは、意外にも面白かった。
内容は普通のことなんだけど。
その後、講習室の外で教官は言った。
「やっぱり寝られるとつまらないね。」

不利な状況でいいパフォーマンスをする。
格好いい人を見た。
[PR]
by maekawaz | 2004-03-02 22:43 | 近況報告

自転車を盗まれた。

どうやら自転車を盗まれた。
鍵を付けっぱなしで放置していた事を、いろいろな人に怒られた。
呪いの詩でも書いてやろうか・・・うそうそ。
[PR]
by maekawaz | 2004-02-27 23:03 | 近況報告

プレゼントをもらった。

a0002692_191043.jpg誕生日プレゼントを一ヶ月遅れで貰った。
商品名は「じんわ〜り暖か」
かなりフザケている。
電子レンジで温めて首に巻くというシロモノ。
何に効くの? これ。
相当重いので、肩がコリコリになることウケアイ。
ちなみに、100円均一で300円だったらしい。
[PR]
by maekawaz | 2004-02-18 19:11 | 近況報告

寿司とチョコレート

夜中に猛烈に寿司を食いたくなった。
が、時間も時間だと開いてる店がない。
仕方なく頬ばったチョコレートが、最悪に逆効果だった。
堪らない。今から寿司を求めて深夜の街を彷徨ってみる。
それにしても、寿司気分の時のチョコレートは最悪です。
皆様もお試しください。
いや、オススメはしません。
[PR]
by maekawaz | 2004-02-17 23:19 | 近況報告

スピーチ

今日は友人の結婚式でスピーチ。
いつもスピーチでは詩を読む事にしている。
出かける10分前まで二人のために詩を書いていた。
間に合って良かった。
シメキリの力は偉大だ。
その詩は、ここでは発表できない。
二人に贈った詩だから。
いい披露宴だった。よく笑ってよく泣いた。
お幸せに…。
[PR]
by maekawaz | 2004-02-15 22:48 | 近況報告

千葉産のピーナッツ

a0002692_05537.jpg鹿児島出身のゴン太君(学生/仲間です)が、
実家から送られてきた母の愛の品の数々を披露してくれた。
その中に、千葉産のピーナッツが、…鹿児島から。
不思議な事もあるものだ。
それと、手作りの煮豆。
煮豆ですよ、お母さんの手作りの。
僕は泣けてきました。
ダメなんです。このテのいい感じが。
僕も人として煮豆の煮れる温かい人間になろうと、心に誓ったのです。
ちなみにピーナッツはハナシの大筋とは関係ありません。
[PR]
by maekawaz | 2004-02-11 00:52 | 近況報告

パキラが!

a0002692_202324.jpg仕事場にパキラ(観葉植物)がある。
高さ2メートル近い大きさである。
以前、とある演劇の舞台で使う為に貸し出した事があるが、
その日を境にパキラの運命が大きく変わった。
たった2,3日の外出から戻ってきたパキラは、
見るも無惨な萎れ様だった。
照明のライトが暑かったのか、
夜中の劇場が寒かったのか、
とにかくそれ以来、病弱な木になってしまった。
それから一年、なんとか誤魔化しながらやってきたパキラだったが、
まもなく、葉が全部落ちようとしている。
触ったら落ちる!
もはやそんな感じだ。
この前は、離れたテーブルに物を置いた衝撃で葉が落ちた。
葉が落ちる度に、部屋の片隅で存在感を失っているヤツを眺める。
なんとも自虐的な自己アピールだ。
最後の一枚が落ちる日、何が起こるのだろう。
その報告をする日より早く、復活の春が来ることを祈っている。
[PR]
by maekawaz | 2004-02-08 20:24 | 近況報告


カテゴリ
近況報告
詩集
リクエスト
詩集もくじ001〜100
詩集もくじ101〜200
詩集もくじ201〜300
詩集もくじ301〜400
詩集もくじ401〜
プロフィール
メール
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧