タメ息を袋に集める

沸騰寸前の男

沸騰寸前の男、
体温計では計れない。
熱くて誰も近づけない。
いつもグツグツ独り言。
家はサウナに早変わり。

可愛い彼女に電話して、
意味の分からぬ決め台詞。

「俺に触ると、ヤケドするぜ。」

沸騰寸前の男、
山に行ったら雪崩事故、
海に行ったらエルニーニョ、
温水プールは銭湯に、
笛を吹いたらピーヒャララ。

お客様センターに電話して、
訳の分からぬ苦情言う。

「俺はもう、ハラワタが煮えくりかえってるんだ!」

沸騰寸前の男、
料理はいつもおてのもの。
電気はいつも自家発電。
冬場は街の人気者。
夏は気化熱利用する。

研究依頼の大学に、
すっぱり断る電話する。

「へそで茶が沸きますよ!」

沸騰寸前の男、
けれど世界は冷ややかで、
男の熱などちっぽけで、
男は嘆く、男泣き。
自分の涙で大やけど。

悩み相談電話して、
誰にも言えない愚痴を言う。

「俺、もう、蒸発してしまいたいッス。」

それでも沸騰寸前の男、
いつも心は燃えている。
熱で世界に挑んでる。
冷めた心を温かに、
パワー与えるその男。

今日もまた、沸騰の寸前。
[PR]
# by maekawaz | 2004-02-13 02:29 | 詩集

明日

近所のスーパーの本日限りの奉仕品は、
「明日」お一人様ひとつまで、というもの。
ちょいと自転車引っかけてスーパーに出かける。
明日は消耗品だから、
あって困るものじゃない。

開店前のスーパーには、
明日を求める人々の行列が出来ている。
先頭の青年は寝袋抱えての徹夜組。
それじゃ明日じゃなくて明後日じゃないか、
なんて考えてる間に店開き。

家族の明日にいつも気を配る主婦達を中心に、
山積みされた明日に向かってダッシュする。
整然と並ぶ大量生産の明日は、
どれもそっくり同じの粒ぞろい。

我先に我先にと明日に向かって手を伸ばす。
明日は面白いように売れていく。
誰一人、品質を吟味するヒマもない。

残り少なくなった明日を数人の客が引っ張り合う。
明日は変形して、伸びきって、
途中で裂け目が入って、ボロボロになる。

それでも最後の明日を手にした客は満足そう。
人を蹴倒して手に入れた明日で満足なんだろうか?

空っぽの商品棚を眺める遅れてきた客は、
絶望と不安に満ちた表情で呆然としている。
今日も明日もないって感じだ。
そして明日を抱えてレジに並ぶ客を恨めしそうに見つめている。

他の店でちょっと高い明日を買えばいいじゃないか、
明日はきっと人の数以上存在してるんだから。

と、ここまで観察したところで、
俺は抱えていた明日を商品棚に戻す。

手ぶらで帰る帰り道、俺は、
家で明日を栽培してみようかと思った。
うまく出来たら、ご近所にも分けてあげよう。
そう考えながら自転車をこぐ。
早速明日から、始めてみよう。
[PR]
# by maekawaz | 2004-02-11 22:44 | 詩集

無敵でありたい

貴方を守るためには、
シロナガスにも遅れをとる訳にいかないんです。
そしてゾウガメよりも粘り強く、
ライオンを眼力で退かせる。
そんな無敵の男でありたいのです。

貴方を守るためには、
濁流すらも飲み干す覚悟で行くのです。
そして山火事をもみ消し、
竜巻を逆回転させる。
そんな無敵の男でありたいのです。

貴方を守るためには、
絶望の淵に立っても第九を歌うのです。
そして将棋倒しを踏みとどまらせ、
ミサイルを気合いで迎撃する。
そんな無敵の男でありたいのです。

貴方を守るためには、
それぐらいの覚悟は必要なのです。
貴方を、
守り続けるためには…
[PR]
# by maekawaz | 2004-02-11 01:35 | 詩集


カテゴリ
近況報告
詩集
リクエスト
詩集もくじ001〜100
詩集もくじ101〜200
詩集もくじ201〜300
詩集もくじ301〜400
詩集もくじ401〜
プロフィール
メール
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧