タメ息を袋に集める

魔法

初めての魔法で、
僕は世界を手に入れた。
2回目の魔法で遠くまで空を飛び、
3回目の魔法で大勢を少しだけ笑顔にした。
その次にはコンテストで一番になり、
その次には美味しいものを食べた。
それから雨を降らせて雨を上がらせ、
虹を見て星空を見た。
電車を遅らせてバスを早めた。
失くしたものを見つけた。
足りない10円を出した。
背中の痒みを止めた。
コーヒーを少し苦くした。
カレーを少し辛くした。
身長を3ミリ伸ばした。
寝癖を直した。
見つからずにアクビをした。
3分多く寝た。
それから魔法でテレビのチャンネルを変えて、
それから魔法でうたをつくった。
それから魔法で君を探して、
それでも見つからずに時は過ぎて、
僕はすっかり魔法を失って、
魔法を使わずにうたをつくった。
そして、
魔法を使わずに君と出会った。
[PR]
# by maekawaz | 2008-08-07 20:54 | 詩集

いつも永遠を願っている

アナタが好きだった音楽を、
また街角で聞きながら、
アナタが永遠に生きている気がして、
それでもとても哀しくなる。
人はうたを残して去るんじゃない。
うたを分け合っているんだ。
同じうたを同じだけ。
[PR]
# by maekawaz | 2008-07-28 00:02 | 詩集

暑さを凌ぐ為の自己暗示

アナタが心臓の裏側に隠している
小さな粒は、
街行く誰もが気付く事が無い。
太陽の光が世界を真っ白にした日にも、
アナタの秘密は
凛とした静寂の涼やかさを
保ち続けていた。
全身で受け止めた太陽の熱が、
やがて心臓を焼き尽くしても、
アナタの秘密は、
ガラスの輝きを持つ透明の温度で、
凍り続けている。
あまりに小さいその粒は
アナタ自身ですら見る事はないけれど、
時々目を閉じて、
アナタは感じている。
それは全く別の季節のような、
青い空のような粒だ。
いま、
氷の彫刻だったアナタが、
数時間で溶けてなくなろうとしても、
最後に残るアナタの秘密は、
どこまでも涼やかに
アナタを再生する。
[PR]
# by maekawaz | 2008-07-25 01:03 | 詩集


カテゴリ
近況報告
詩集
リクエスト
詩集もくじ001〜100
詩集もくじ101〜200
詩集もくじ201〜300
詩集もくじ301〜400
詩集もくじ401〜
プロフィール
メール
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧