タメ息を袋に集める

マボロシ

君の見ているモノはマボロシだ。
僕の見ているモノもマボロシだ。
音も温度も音楽も、
土も空も海も、
記憶も希望も絶望も、
すべてがマボロシだけれど、
けれどもそれが、
君と僕のそのマボロシが、
繋がっている事に意味がある。
[PR]
by maekawaz | 2012-01-08 04:58 | 詩集
<< 不機嫌なネコに向かって おはよう >>