タメ息を袋に集める

砂漠と砂金

この世界の果ては見えない。
見渡す限りの黄金の海の中、
一握りの砂を探す。
自分の歌を歌うとは、
そのようなものでありたい。
[PR]
by maekawaz | 2004-02-21 15:37 | 詩集
<< 大量生産 明日、世界が終わるとしても >>